映画「ROMA」

よかった。「メキシコを舞台にした、ある家族と家政婦の愛の物語」という情報だけ仕入れてみたんですが、これはもうちょっといろいろいろいろ知識入れといたほうが楽しめたかもな。なくても特に問題ないけどメイキング見るともう一度見たくなった。

引きのカメラ、全てのものに合ったピント、長回し、凝った音響。これらによって観客は、ドキュメンタリーを超えた、ただただ観察する、時間を切り取って客観視するという視点を与えられる。

キュアロン監督は「自分の思い出を題材にして、台本も作らず、自分の感覚だけを頼りに作った」と話していたが、この撮影方法は題材を私的なものに止まらせず、観客にとっても非常に新鮮で興味深い映像として提供される。

全編モノクロでクラシックな印象だが機材は最先端で、むしろ先端技術のダイナミックレンジの大きさによってモノクロの良さが出ているとも言える。

参考

www.webdice.jp

ROMAのためだけにNetflixに入るのは全然ありだと思う。メイキングも見た方がいい。

この映画は当時の家具や街並みを徹底的に再現しているそうだが、その話で監督が「細部にこだわると開放感が得られる」と言っていて、なるほど、と思った。開放感…たしかに模造品ではなく本物がそこにあれば、役者もスタッフも「フリ」をしなくてすむ。その分脳のリソースが開放され身軽になれる、ということと読んだ。

ところでこの映画はNetflix独占配信だが、もともとは大きなスクリーンをターゲットにして作られていて製作費も15,000,000ドルくらいしてるらしい。映画館 vs 配信 の構図が出来上がって久しく、配信だけでもやれるんだ、という風潮もあるが、モノを言うのは予算をしっかり取られて作られた作品なのだ。


メイキングまで見た上でのごく私的な感想を言うと、振り返って自分の少年時代を客観的に再現してみるとあまりに無様で情けない場面がいくつか思い浮かぶ。ただやりかたが下手だったこともあれば心根が曲がっていて見てられないものもある。それを間近で見ていた両親は(ROMAは家族の映画なのでこの場合の登場人物も家族になる)今更僕にそんな指摘はしないが、その分割り切れない思いを飲み込んでいることであろう。

自分もそういった「飲み込む役割」を受け入れていかないといけないな、といういつものように少しあさって方向の感想でした。

焦れてきている

仕事は一瞬危なかったが立て直してきている。

ピアノの練習はそれなりに順調で、毎週の動画投稿も今のところ4回、欠かさず続けられている。

腰が重くて全く滞っていた積み映画、積み動画も最近はちょっとずつ消化できている。

部屋はきれいになった。iphoneの修理も新しいメガネの目処も立った。

なーんか焦(じ)れてるんだよなあ。焦(あせ)っても仕方ない、焦(あせ)ってはダメだと思うんだけども。いろいろ手を出したもののあまり満足のいっていない現状があるから、人生に対して今取れる対処法に「こつこつやる」を採用しているのだが…

課題を一個ずつ消化するという気持ちで(今の課題は「ジャズピアノ」「プログラミングのアーキテクチャ」)やっているので、それを一つやっつけたら違う世界が見えるのかもしれない。

ただ他のアレコレを全く素通りするというのもなあ。Syncroomも始まるし、いろんなタイミングで適切なことをできるよう、準備し続けるイメージがいいのだろう。そのためには今のジャズピアノの練習はもうちょっと空気のように、負荷を下げる方向にしないとかもな。

キャロル&チューズデイ2話

うーん、あまり合わないかもw 偶然撮られた動画がバズって、その動画見て「いい歌だ!」つってマネージャーが名乗りをあげるんだけども。

寝る前に自分の好きなものをお互いにあげたり、好きなアーティストの曲を教えあったりするのはいいシーンだったと思うし、もっと大事なものがあると言わんばかりにとんとん拍子で夢のように話が進むのはいいと思うんだけど、エクスキューズのように入れられた前半のバイト失敗話がひっかかる。重要なところ以外はご都合主義でいくなら、もっと白昼夢のように都合よくいってほしい、みたいな。まあまだ二話だから今後に期待

キャロル&チューズデイを見始めました。

ストーリーはまだ始まったばかりだからまだわからないけど、夜明け前の駅、都会の少し古びた大きなレストランなどいい雰囲気。アイキャッチや多国籍な街並みにカウボーイビバップの面影が感じられて良い。

キャロルのピアノにチューズデイのギターがたどたどしく重なる場面、鳥肌立った。アニメの見せ場としてわかりやすくかっこいい演奏シーンが突然挿入されるんじゃなく、一瞬でもああいうシーンが挟まれると、ああ音楽に真摯だなと思って嬉しい気持ちになるな。

自分はもうクソみたいな大人なので「なぜ普通に応対せず警官から逃げたのか」とか「ミュージシャンサクセスストーリーって今日日おっさんにしか刺さらないんじゃないのか」とか「いきなり英語で歌ったな。英語=かっこいい、みたいな感じがこそばゆい」みたいなクソみたいなノイズが頭に浮かんでくるがもっと素直に見ないとダメだな。

サブスクを整理する

SpotifyAmazon Music(HD)

何ヶ月か両方契約してたけどほとんどAmazon Musicしか使ってなかったのでSpotifyは解約した。理由は音質。やはり注意して聞くと全然違うなと思う。特にクラシックやジャズみたいなアコースティックなジャンルを聞くとよくわかる。

「いい音質=音楽的に良い」とは決して思わないし、アプリの使いやすさやプレイリストの充実、外部連携などはSpotifyの圧勝であった。それでも情報として不十分なものを聞いているという状況がやはりひっかかるので結局聞かなくなってしまった。

音楽はやっぱりカルチャーだなとは思う。若い世代は値段や雰囲気(これ大事)でspotifyのほうがいいだろう。

動画

Netflix契約してるがたまに見る程度なのでこれも考え直すことにした。Amazon Primeにも入っているが、こちらは年契約なのでとりあえず忘れる。もっと気軽に、月一でサービス乗り換えるくらいの気持ちがいいな。

なので一覧表作って、そのサービスにしかないものを赤引いておいて、サービス乗り換えながら消化することにした。

消化ってなあ。ちょっと義務感出てきているのが悲しいな。前から見ようと思って結局見ていないのがしこりになってるので、それを片付けることを念頭におこう。楽しむのはもちろんだけど、それと同じくらい身軽になりたいというのがある。で、それが終わったら新しいもの見つけていこう。

Logic Pro Xでタップテンポする方法

バージョンは

10.5.0です。ファイル > プロジェクト設定 > 同期 > 一般 の「外部同期信号とタップテンポを自動認識」にチェックを入れる

f:id:mojo_nobu:20200619092900p:plain

Logic Pro X > キーコマンド > 編集 を開き、右上の検索窓に「タップテンポ」と入れるf:id:mojo_nobu:20200619093254p:plain

ここで割り当てればOK。

映画とラフマニノフとベイカーズ

作曲

僕が音楽を担当した映画が二本、以下の「テンミニッツ映画祭」でノミネートされました!

10minfilmfestival.wixsite.com

私が音楽をやったのは「ラートの女」「残念ながら人妻になります」の二本です

www.youtube.com

www.youtube.com

ツイキャスで6/23まで有料公開してますのでよろしければ見てやってください!

ラフマニノフ ピアノ協奏曲2番

ラフマニノフ2番、3番。本人の自演。音質は悪い。 素直な演奏、と言ったところ。ピアコンあまり聞き比べしたことないなそういえば。 2番の3楽章はちょっと新鮮だ。飛び跳ねるように弾くの面白いな。

イカーズ

二年前くらいに友達に勧められて飲んだ時は良くわからない、アルコールが強いくらいにしか思えなくてあまり嵌れなかったが今飲むと違う。アルコールといっしょに色鮮やかな風味が口の中に広がりますな。ロックでもソーダ割りでもいける。

whiskywarehouse.blog.jp

こういうところ読んで勉強しよう

君の名は。

映画館でやってるので見に行った。やっぱりいいね。かたわれ時に二人が出会う場面、そのあと落ちてくる彗星をバックに奔走する場面、最高。結局DMMでHDストリーミングの購入までしちゃったぜ。もう一回劇場で見たいがタイミング的に難しいかもなあ。

眼鏡

これは先週の話だがメガネ屋に行った。前の眼鏡は踏んでバキバキにしてしまったので…。眼鏡のブランドは999.9と白山しか知らないので、前回白山だったから今回は999.9にしようかな?と思って店に行ったが…。

最初に999.9行って「フムフム」と思った後に白山行くと「ああ、おれは"白山顔"なのかもしれない」と思うほど自分の中でしっくり来てしまったのだった。

あと無意識に前の眼鏡に寄せて考えてしまってた。フレームの下半分がクリアだったりして。それならばと白山で同じフレームを探してもらったが、同型同色のものはもう在庫がないらしい。ほかの色はあるのにね…それなら頭をリセットして今まで持ってなかったタイプを探したほうがいいかもな。前のフレームは重かったのが難点だったし。

しかしアレ売れてたのか。これ↓ですよ? f:id:mojo_nobu:20181013144602j:plain

自分で言うのもなんだが結構押しが強いというか…ほかにこの眼鏡掛けてる人見たことなかったが、意外とそういうもんなんですね。

いろんなことをやった

今週はほかにもいろいろこまごましたことをやっつけた

  • ズボンのボタン止め
  • アイロンかけ
  • 米を炊いて冷凍庫に入れた
  • 風呂掃除
  • トイレ掃除
  • 水回り

etc...

だから多少グダグダなところがあっても仕方ないのだ。ピアノの練習に重きを置きすぎたり、先週見た眼鏡を買いに行けなかったり、iPhoneのパネル交換に行ってHPの値段と違ったからひるんで結局買わなかったり、プログラミングが全く進まなかったり…

ちょっとバランス悪いなとは感じている。ピアノはもう少し軽くできないかなあ。