メガネを買いました

なんか見た人が「オッ、いいメガネしてんね!」とか思ってくれるようなのが欲しくて、メガネを買いました。そのときの迷いまくって軸がブレまくった記録。


ある日ginza sixでぶらぶらしてるときにメガネ屋を見つけて、「メガネを新調しよう」と思ってからずっと棚上げ状態になってたことを思い出しました。そのメガネ屋が999.9(フォーナインズ)ってところで、僕はその時初めて知ったんですがどうやら有名なところだったらしい。そのときにずっと憧れを持っているまん丸のメガネを試して、割といい感じだなと。しかし僕はメガネ屋についてそもそも全然知らない。なのでしっかり調べて検討した上で決めようと、その時は買わずに帰りました。

改めて考えてみる。そもそもどういうメガネが欲しいか。重視するところは何か。
メガネ自体は「質のしっかりしたやつ」「メタルフレームでお硬い感じのやつ」というイメージで。まあ、だからまん丸メガネはちょっと違うんですよね…。それとこれは最近思うようになったことですが、買い物についてはできれば「買って終わり」ではなくて、自分の世界を少し広げるものにしたい。消費者になってはいけない、というのはこういうことだろうかね。ちゃんと調べて、どういう選択肢があってその中でどういう選択をしたのか、買った店はどういう店か、というのをできるだけちゃんと意識していきたい。


とはいえどういうメーカーがあるのか全然わからないので、とりあえず次に行ったのが渋谷の眼鏡市場。いろんなメーカーを見て見たくて。で、なんとなく目についたものを試着するとすごくいい感じでした。キャサリンハムネット・ロンドンのKH-9160ってやつです。
コレ。

f:id:mojo_nobu:20180522222555j:plain

【楽天市場】キャサリン・ハムネット KATHARINE HAMNET ブラックパール/シルバー KH9160 c.1 kh004:アイカフェ

キャサリンハムネットはイギリスのファッションブランドですね。とりあえず気に入ったので店員さんに商品名控えてもらってその日は帰りました。

で、ネットで調べてみた結果、日本のメーカーだと「999.9」と「白山眼鏡店」が良さそうだ。ジョン・レノンのあの印象深いメガネは白山眼鏡店なんですって!そういうミーハーさもありつつ。

白山は上野に、999.9は銀座に本店があるらしいので行くことにした。


まず白山眼鏡店。

特徴的なメガネが多い!それなりに歴史のある眼鏡メーカーなので勝手にお硬いメガネがあるイメージだったがそんなことはなく。かなり「攻め」のメガネが多かったです。そして試着。メガネ単体で見るとインパクトが強いのに実際に掛けてみると顔に馴染むから不思議だ。

白山でいくつか当たりをつけて、次は999.9へ。

白山でもそうだったんですが、眼鏡市場で見たキャサリン・ハムネットのサーモントがスタートラインだったので、自然とそういうやつを見てしまいます。999.9でいくつか同じような形のものを見てみると、うーん、なんかこう、グッと来ないな?質がいいのは間違い無いのだが、なんというか眼鏡市場で感じたほどの高揚感がない。日本の高品質が売りのメーカーで買い物をしたい気持ちもあるのだが、キャサリン・ハムネットをつけていた自分が好きだ。この時はそう思っていました。

結局決めきらず、とりあえず昼食をとり、決戦の場を渋谷に移す。渋谷には眼鏡市場999.9も白山もある。

渋谷の999.9では極力店員さんの提案を聞くことを心がけてみる。客観的な意見も取り入れたい。顔は特に自分ではわかりにくい。そこで自分の「落ち着いた、硬い感じのもの」というリクエストに渋谷999.9の店員さんが出してきてくれたのが、TW-60T。

f:id:mojo_nobu:20181013143134p:plain

これです。これまで自分が使ってたのって太い黒縁のメガネだったんですよ。なのでサーモントが自分のイメージになじみやすかったのがあったんだと思うんですが、このメガネはそれとはかなり毛色の異なるタイプで最初は抵抗がありました。なんか丸裸にされたような。でも何度もかけ比べをして見るとコレがいいんですよ。丸裸にされる感じというのは顔に違和感全くなかったからだろうか。店員さんはやはりプロだね。


一通り見て、さーどうするか!結局買ったのはこのメガネです!

ザンッ!

f:id:mojo_nobu:20181013144602j:plain

白山眼鏡店の「Weeps Two Tone」でしたー!メタルフレームじゃねえー!お硬い感からだいぶ攻めた感あるー!

さいしょの志と少し離れ気味のところに着地しましたが、なぜこうなったかというと、決めかねてもう一度最後に眼鏡市場キャサリンハムネットのやつ掛けてみると、一番最初に試着した時の心の高鳴りがなかったんですよね。多分1日いろんなメガネをかけ比べて見て自分の顔とも向き合ってそういう感想に至ったのかなと。そして999.9のTW-60Tと白山のこのweeps、どちらがいいかと。お硬い感じを求めていたのは確かだったんですが、メガネのキャラクターが薄すぎるのも寂しい、という気持ちもあるのだと気づき。それならもうあとは自分の心に従おうと。その時一番心に残っていたこのメガネに決めました。めでたしめでたし。TW-60Tはかなり後ろ髪引かれたのでまたそのうち舞い戻ってくるかもしれない。


ちなみに最初はウォービー・パーカーとか試して見たかったけど日本展開してなかった。

medium.com

輸入代行みたいなので買えるみたいだったけど、それはウォービーパーカーを買うこととは違うんだろうなあと思ってやめました。

今聞くべきB'zの3つのアルバム

SpotifyにB'zが追加されるんじゃないかという噂が5chで流れていました。なんかアーティストのページが登録されてたらしい(さっき検索したけど見つけられなかった)。B'zも30周年でタイミングとしてはいいのかもしれない。

Soptifyのようなサブスクリプションで聞く人はどういう風に音楽聞いているんでしょうか。自分はgoogle play musicでアルバム単位で流し聞きしてます。なので全世界のみんなが僕と同じようにアルバム単位で聞いてると仮定して、今からB'zを聞く人におすすめするアルバム3枚を紹介します。


The 7th Blues

The 7th Blues

The 7th Blues

今だからこそ「アリ」になる、こだわり抜かれた名盤。

デビュー後は「まずは売れる」ことを目標にダンスビートを取り入れ、そこから徐々に自身のルーツであるハードロックの部分を見せてきたB'z。6枚目のアルバム「RUN」で自身のハードロックを標榜し、その路線をさらに推し進めたのが7枚目のこのアルバムです。

B'zは何度か「マニアックになりすぎる→反省してポップに舵を切る」というのをやっているんですが、これはその最初の「マニアック」です。ただ当時はマニアックだった(らしい)このアルバムですが、今聞くとこれはかなり「アリ」だと思います。当時の日本のポップシーンがどうだったか調べたわけではないですが、20数年前と今では多くのリスナーの耳が違うのは間違いないわけで。

で、このアルバムは長らくマニアックとされていましたが、一方でプロダクトとしては超良質だと思うんですよね。単純に音がいいし、生のブラスやストリングスなどお金もかかっている、こだわり抜かれたアルバムです。メロディもいいし(超重要)。B'zファンの中にも昔から根強い人気があります。

ただ、結構思い切った「引用」がこのアルバムには散見されてて、それをパクリとして拒絶するかどうか、そのへんが意見の分かれるところかもしれないですね。僕も昔はそういうところ少し苦手なアルバムだったんですが、過去の資産をバネとして活用してるからこそこういうのびのびとした作風になったのかな、と今では前向きに捉えてます。一曲まるごとパクりというわけではないので。調教されてるな。

Survive

SURVIVE

SURVIVE

ドラマティックで爽快感のあるハードロックというフォーマットを、B'zという二人の日本人が完全に自分のものにした記念碑的アルバム。テクニカルながら主張しすぎないエレキギター、高音域が連続しつつもポップさを失わないボーカル。 そして全ての曲の完成度が高く…なんかこれあまり言うことないんですよね、良すぎて。これが苦手ならB’zの他のアルバム聞いてもあまり気に入らないんじゃないかな、と言う気がします。そんなアルバムです。

Dinosaur

DINOSAUR (初回限定盤)(Blu-ray付)

DINOSAUR (初回限定盤)(Blu-ray付)

2017年発売、現時点での最新アルバム。2000年代中盤から試行錯誤を重ね、2015年のEpic Dayで居直ったような渋い大人のロックアルバムを出してきたB'z。その後松本さんはこれまでの集大成のような超傑作のソロアルバム「Enigma」を出し、稲葉さんの方もスティーヴィーサラスと組みB'zとは全く異なる新感覚のグルーヴをもった名作「chubby groove」を出しました。「次のアルバムは凄いことになる」と期待していたのですが、予想外の凄いヤツが出ましたね。それがこのDinosaurです。

Epic Dayでの落ち着いた作風から「ロックバンド」という自己認識はそのままに、上向きにギアを変えてできたようなこのアルバム。長い試行錯誤を経て居直ったことによる余裕と風格を感じます。メロディやサウンドは渋めですがバラエティに富んでおり、一皮向けた大人のB'zが聞けるこのアルバムをぜひ試してほしい。

つーかこれもThe 7th Bluesみたいに結構振り切った「マニアック」寄りのアルバムだと思うんですけど、今の時代ならこれもアリ、ってなっちゃうやつだと思います。


B'zはいろんな顔があるのでどう言う切り口で行こうかなと思ったんですが、大体こんな感じで。個人的に好きなアルバムは他にもあるんですけど、これからB'z聞く人に勧めるというテーマなので耳なじみの良いメロディは外さないように選んでみました。一番聞いたのはELEVENだと思うんですけど、メロディという面ではだいぶ遠くに行ってるので…。

The 7th Bluesはホント今だと評価ひっくり返るんじゃないかと思うんですよね。シングルだった「Don't Leave Me」とかのほうがコテコテで逆に気恥ずかしい、みたいな。それにしても94年の日本のヒットチャートに二枚組のアルバムがあの内容でミリオンっていうのは意味がわかりませんね。

Ableton Live10はじめました

liveは今使っているlogicとはUIがだいぶ違うそうで、今の制作の考え方をそのまま持って行ってもなんとか格闘しながらやれるかもしれないんですけど、ここは全て忘れて一から学び直すつもりで行きたいと思います。

というのもやっぱり積み上げの考え方では限界があるし、UIが違って思想も違うものを強引に自分の側に引き寄せようとしても無理があるだろうし、いい機会なのでフレームワークから素直に自分にインストールしようと思います。自分も拡張させましょう。ここでは「この機能はLogicで言う〜なのか」というのは禁止で。

liveのインストールは終わって、pack(ableton公式がストア公開しているプラグインみたいなの)のインストール方法は把握しました。マニュアルに沿ってやっていきましょう。

付属のドキュメントに「Liveのコンセプト」なるものがあり、機能全体の概観が見られます。触って見ないとわかりづらいところもあるので、とりあえずメモ取りながら。

4.2 Liveセット

  • 「ブラウザ」はオーディオやエフェクトが同じものとしてぶち込まれてる感じっぽい。
  • Liveセット、Liveプロジェクト。Liveセットは実際にlive上で操作するファイルで、素材とかひっくるめてLiveプロジェクトとして管理と。
  • クリップが音楽の構成単位(メロディ、ビートの一小節分とかそんな感じか)があって、アレンジメントとセッションのビューがある。たぶんこのセッションビューがLive特有なのかな?
  • アレンジメントとセッションの切り替え方法は?→Tabキー

4.3 アレンジメントとセッション

  • 「2 つのビューには異なるアプリケーションが動作しており、それぞれ独自のクリップをもっ ています。ビューを切り替えると、Live セットの外観が変更されますが、モードの切り替 えや保存内容の変更は行われません。」へえ。それぞれ独立してるのか。面白いな…
  • 「アレンジメントビューとセッションビューは相互に作用しており、大変便利に使用できま す。例えば、セッションでクリップのアレンジ演奏を行いながら、アレンジメント内に (132 ページ ) アレンジ演奏を記録し録音することができます。アレンジメントとセッションがト ラックを介してつながっているため、このような操作が可能なのです。」これもだいぶ気になるけど、とりあえず触ってみないとだな

4.4 トラック

  • 「セッションとアレンジメントは、トラックセットを共有しています。」トラックセット…?
  • 優先順位の話も触ってみんとよくわからん
  • このセクションは何度もたち戻ってきた方が良さそうだな

4.6 オーディオクリップとサンプル

  • サンプルをセッションビューに置くとテンポが勝手に変わるな。テンポ情報持ってるのか。
  • セッションビューにサンプル置いてクリップにして、クリップをダブルクリックしてクリップビューへ
  • あー、ワーピングね。これは多用しそう

4.8 デバイスとミキサー

  • 「Live には、異なるトラックで再生されているクリップ間の音をスムーズに切り換えること のできるクロスフェーダー (250 ページ ) が付属しています。Live のクロスフェーダーは、 DJ ミキサーのクロスフェーダーと同じように使用できますが、2 つ以上のトラック(リター ントラックも含む)をクロスフェードする機能を持っています。」へー、便利だな。

4.11 新規クリップを録音する

  • 「アームボタンを押すと、トラックが録音 可能になります。複数のトラックが選択されている場合、選択されているトラックのいず れかのアームボタンを押すと全てのトラックが録音可能になります。」アームボタンとは…
  • 「CTRL(PC)/ CMD(Mac)キーを押しながらアームボタンをクリックして、複数のトラックを同時に録 音可能にすることもできます。」気になる機能だ

  • 「セッションビュースロットにオン・ザ・フライで録音する (261 ページ ) ことも可能です。セッ ション録音は、音楽を途中で止める事なく録音ができるので、ジャムセッションミュージ シャンに特に便利な機能です。」これも気になる

4.12 オートメーションエンベロープ

  • 「Live のミキサーとエフェクトコントロールはすべて、ソングテンポも含めてオートメーショ ン化することが可能です。」ああ、こういう機能を期待してるんだよ…

4.14 MIDIとキのーリモート

Pushとか、有名なやつだね。今のところ使う予定はないが。

4.15 保存とエクスポート

「オーディオクリップのサンプル参照先は、 対応するサンプルがディスクから移動あるいは消去されている場合失われることもありま す。サンプルとクリップの間のリンクは、集めて保存 を使用して保存で きます。このコマンドを使用すると各サンプルのコピーが作成され、プロジェクトフォル ダー内に Live セットと一緒に保存されます。」

todo

手元のAUプラグイン読み込み → あっさりできた。

AUやVSTプラグインを使用する Ableton Live 使い方

とりあえずマニュアルはこんな感じで。サンプルのLiveセットがあるらしいので次はそれ触ってみよう。

ビール日記 8/23

引き続き飲んで行きましょう

Uerige Altbier

f:id:mojo_nobu:20180823102946j:plain これはおいしかったー!香りよし、味よし、うまし。少し苦味があってコクがある感じかな。池袋の東武百貨店で何気なく選んだんですけどどうやらレアものだったらしく。そのあとは他の店に行っても手に入りませんでした。

Uerige Alt ユーリゲ アルトビール 【昭和貿易株式会社】

ここから注文できるんですね。しかし24本入り12000円か…うーん悩むな。一本あたりで考えると全然高くないけどね。

Uerige Altbier | Uerige Obergärige Hausbrauerei | BeerAdvocate

limburgse witte

f:id:mojo_nobu:20180823103051j:plain f:id:mojo_nobu:20180823103058j:plain

ベルギーのホワイトビール。
アルコール分5%でとにかく飲みやすく、さわやか。香り良し。常温に近づくほど濃厚な味と香りになるのも良し。
原材料にハーブが入っているけど、これがいいのかも。お店の解説にコリアンダーが含まれる、とあったけどこれのことかな。 あとオレンジピール。これがホワイトビールの味わいか。
これはいいね。軽く飲める。発泡酒のホワイトベルグ好きだったんですけど、あれはこのホワイトビールをインスパイアしたものだったんだなー。

Chimay red

f:id:mojo_nobu:20180823103122j:plain f:id:mojo_nobu:20180823103141j:plain トラピストビールという、修道院で作られるビールです。
柑橘系のフルーティな香りということらしいが、柑橘の香りというのがなんとなくわかってきたな。なんか香りの底のほうに柑橘の香りを感じる。ビールはいろんな香りが混ざり合ってるんだな。意識的に感じていかんと。
飲むと苦味のある香りが鼻まで上がってくる。口に含むと深い苦味とスパイシーさが混ざり合う。
朝に飲むものでは無かったかも。重い(笑) アルコール分も7%と少し高めだしなー。
これは香りが好きだな。香りだけでも楽しめちゃうね。
泡が入りすぎたので入れ方練習しないと…

saison dupont

ゴールドが美しいですね。鋭い苦味があり、味・香り共にホップの存在感が強い。爽やかです。

bieken

ちょっと苦手かも…苦味が強すぎる。
蜂蜜の香りは確かに良いけど、ラベルを見て勝手に甘いものを想定して返り討ちにあった感じ。

Weizen Baeren

f:id:mojo_nobu:20180823103214j:plain f:id:mojo_nobu:20180823103222j:plain お店で「limburgse witteってホワイトビールが美味しかったんですが、ほかにおすすめありますか?」と聞いて紹介してもらったうちのひとつ。ホワイトビールはだいたい親戚のようなもの、らしい。
柑橘系だけじゃなく、ラベルに書いてる通りバナナのような甘い香りがしますね。
味は苦味が少ない、というかほぼ感じられない。薄味だけど、香りが濃厚でかなり楽しめます。
ちびちびじゃなくグビっといったほうがいいな。味わうのとちびちびは違うのかなー。

Strongbow

イギリス産のアップルサイダー。これビール売り場に置かれていたけどビールじゃないよね?甘さ控えめで飲みやすくて美味しい。って感じかな!苦味とかホップの香りがないのでビールとは当然味わいが違う!以上!

Newton

ベルギーの青リンゴビール。ビール特有のホップの香り・苦味とリンゴ果汁の甘さが合わさって…あまりおいしくない。なんだろう苦さと甘さが殴り合いをしている感じ

ザ・プレミアム・モルツ 香るエール

美味しいと聞いて買ってみたが…うーん。そんなに。

[参考]

allabout.co.jp


ふー、だいたい雰囲気掴めてきたな。ホップはビールの香り、苦味の素となっていて、殺菌効果ありとか。
泡は蓋の役割をして酸化による劣化を防いだり、泡を通して飲むことでまろやかになるとか。
瓶と缶はグラスに注げば一緒、お店で樽やサーバーから出してくれるやつは適切に管理されて泡も綺麗に入れてくれるから美味しい、とか。
ホワイトビールのバナナのような香りは小麦由来だとか。

[参考]

ビールでよく聞く「ホップ」とは一体どんなもの?

ビールの主原料「ホップ」とは?役割は?|ビールのチカラ

樽、缶、瓶では味が違う?【ビールと容器の話】 | 日本ビール株式会社

さて、今後はどうするか。

英語のサイトでビールのレビューサイトがあるんですよね。
www.beeradvocate.com

このサイトの上位のビールは飲んで見たいなー。一位のビール(Kentucky Brunch Brand Stout)は限定品らしいから難しそうだけど。詳細は不明。 Top 5 Most Exclusive Beers | Don Diva Magazine


あ、あとグラスも買いました。カッコつけようと思って。

f:id:mojo_nobu:20180816200248j:plain

8/16 ビール日記

飲んだビールの振り返り・感想戦。どれがいいのか全くわからないので、とりあえず東武百貨店で適当に買って適当に飲んだ。

Wells IPA

f:id:mojo_nobu:20180814081024j:plain
缶のデザインが好きだったのでまずはこれから。

味はあっさり薄味で、香りと酔いを楽しむ感じかな? 香りに少しIPAらしさ(つまりホップの香りがする、ということかな)は感じられるが、臭みと取れるかも。味が淡白だったからかな?あ、僕の場合IPAらしさとは「インドの青鬼」基準で言ってます。

東郷ビール(Amiraali?)

f:id:mojo_nobu:20180814081012j:plain
東郷平八郎がラベルに描かれてて面白いなーと思って買った。ただ、面白いのは背景にあるゴタゴタで、オチとしては「世界の提督がラベリングされたシリーズの一つに東郷平八郎が描かれたラベルのものがあった」ということらしいんですが、それでも「それとは別に東郷ビールがあった、ということを否定する材料がない」という言う人もいるらしく、だいぶこじらせてるなあと。流し読みしかしてないですが以下のページに詳しいです。教育分野での学会論文まである。

Suomen kieli − フィンランド語・「東郷ビール」という伝説

Amiraali Beer (俗に言う東郷ビール):ホームバースピリッツ!:So-netブログ

https://www.ratebeer.com/beer/nipponbeer-amiraali-togo-beer/238770/

CiNii 論文 -  フィンランド産「東郷ビール」と日露戦争 : 独り歩きした歴史教材

結局、

このAmiraaliシリーズはもともとフィンランドで生まれましたが、現在フィンランドでは製造されておりません。 今現在流通している商品はオランダで製造されているプライベートビールに日本の会社が東郷ラベルを付けているものだそうです。

だそうです。行き着いたのはなんとも侘しいストーリー。

味はWells IPAと似たような系統であっさり甘みがあって、不思議な風味が楽しめる感じかなー。

Duvel

f:id:mojo_nobu:20180814080950j:plain これはめちゃ美味しかったぞ。ベルギービールのDuvel。
いろんな味が複雑に絡み合っていて、さらに適度にホップの苦さもを感じられる。麦芽の香りだろうか、あまり馴染みのない香り。

と、自分なりに感想書きましたが、こちらのページが詳しいのでここ見て復習しよう。

beer-chikara.jp 飲む前、飲んだ後の香り、泡立ち、泡がクリーミーであるとか…そういう観点があるのか…これからその辺意識していこう。グラスに注ぐと透明感ある、というのもお楽しみポイントかね。

Duvel(デュベル)は酵母入りビール。酵母をろ過せずに瓶詰めするので瓶の中でも発酵が進みます。瓶に詰められたあとは2ヶ月かけて熟成させます。そのため尖ったところがなく風味が全体的にまとまります。また独特の吟醸香も生まれます。

ふんふん。この酵母と発酵の役割とかわかっていると、きっとお酒に対する理解がより深まるのだろうな。メモメモ。

酵母(こうぼ)とは - コトバンク

アルコール発酵 - Wikipedia

酵素、酵母、発酵。どうちがうの? - うさうさメモ

自分は実はアルコールはなくてもいいと思っていて、酔わなくて済むならそれに越したことはないとか考えてるヘタレなんですけど、この辺の発酵の話をちゃんと理解してアルコールごと楽しみたい、もしくはアルコールと距離を取るにしても理解した上で適切な距離を保ちたい。

ビールスタイル:ストロング・ゴールデン・エール

とありますが、これは

日本のビールのように淡く美しい金色で、アルコール度数が高くコクはあるが口当たりはまろやか。度数の高いものは、とくに「ストロング・ゴールデン・エール」という。

とのこと。

ゴールデンエール 【ベルギービールJapan】

合いそうなおつまみを紹介してくれていますが、自分はこのDuvelならおつまみなしで楽しめちゃいますね。それくらい味がしっかりしていて美味しい。

まだ勉強すること多いんだけど、とりあえず今日はこの辺で。また買いに行こう。

B’zのライブの「演出エキストラ」やってきましたレポート

8/5に日産スタジアムで行われた、「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」の演出エキストラというのに参加してきました!ネタバレとか気にせずバリバリ書きます。

通常参加のレポートはこちら!

mojo-nobu.hatenablog.com

これはファンクラブ会員に対して事前に募集があったもので、ダメ元で応募したら当たっちゃいました。「演出エキストラ」というのは、ライブ終盤のある曲で稲葉さんがステージ後ろの幕を引くとそこには大勢のファンがいて大盛り上がり、という演出のためのエキストラです。昔グリーンというアルバムのツアーでやった演出のリバイバルです。こういうやつ

この日、当選者は18:30に通知される集合場所に集まる手はずになってたんですが、18:00に行くとすでに結構並んでいました。そもそもなんで自分も18:00に行ったかというと、前日にエキストラ参加した人が5chで「早く行った方がいい」と書き込んでいたからなんですねえ。

で、エキストラはステージ下手、上手、中央後方の3ブロックに分けられるんですが、中央後方はサポートメンバーの真後ろ、下手上手は目の前にB'zの二人が来る、下手は稲葉さんが幕を降ろす場所、ということになるんですね。入場順で下手ブロック、上手ブロック、中央ブロックに振り分けられるから早い方が良い、となるわけです。

ただ難しいところがあってブロック内は大体3列くらいになるんですけど、下手の3列目より上手の1列目のほうがいいんじゃないかと思いますし、説明によるとスタッフの人の判断でブロック内の場所入れ替えがあるらしいんですよね。僕が行った日はほとんど入れ替えなかったですが、おそらく集合写真の要領で全員が見えるようにとか、そうなるのかなと。だから狙ったところに行くのは難しいのかなと思います。まあ、あと単純にツアーが進むにつれてシステム変わるかもしれないんでこのあたりはなんとも言えないですね。

ちなみに待っている間にライブの音漏れがぼやーっと聞こえますが、出番となる一曲以外は全く見えません。Brotherhood前のMCのときに幕の後ろにスタンバイするので、Brotherhoodはいい音で聞けました。


コンコースに集合した後、一回の外周?のところまで移動してそこで改めて説明を受けます。「今日皆さんはファンではなくメンバーとして、松本孝弘稲葉浩志と一緒にライブを盛り上げてもらいます!」とアガることを言ってくれます。スタッフは「松本孝弘」「稲葉浩志」と呼ぶんだなーと思ったり。「数十万の応募の中から当選された」とも言っていました。倍率はわからないけど日産は1日でだいたい200人でした。

入場時にもらった袋に荷物を入れてクロークに預けます。そして入場!関係者入り口から入り、暗くなったスタジアム内の通路を通ってステージ裏へ。大量のケーブルをまたいで階段を登って、スタンバイ。自分は上手の1.5列目みたいな微妙に体が斜めになった位置だったんですが、シェーンが見えたのか、何人かがドラム側を覗き込むために移動したチャンスにススっと体の向きを変え、一列目を確保しました。ステージセットのファイヤーバードの羽が真後ろにあって、光るLEDがとても綺麗でした。

Brotherhoodをそこで聴くことができたのですが、音が良い!過去自分が大学のホールでバンド演奏した時に、ステージと客席の音は全然違うなー、ステージ上の音は聞きづらいな、という印象を持ったのもあって、スタジアムの大会場なんてステージ上の音響作るの大変だろう、聞きづらいだろう、だからメンバーはイヤモニをしているのだろう、そういう風に考えていました。
全然違った!多分客席のどの場所よりもいい音なんじゃなかろうか。B'zはステージ上を動き回るから実際はもうちょっと違うかもしれけど、ステージ音響作り上げるスタッフ素晴らしいな!

そしてイントロのドラムパターンが演奏され、やばい、そろそろ幕が落ちる!ちょっとこの時のテンションの上がり具合は説明しづらいほどでした。「フアアアァ」とか言ってたと思う。


そして幕が落ちたー!曲は愛のバクダンです。
目の前には七万人の客席。凄い。凄すぎて防衛機制が発動したのか「DVDで見た通りだー!」みたいになって現実感があまりありませんでした。しかしこの七万人の視線を一身に浴びる稲葉さん・松本さんの心境はちょっと想像できないですね。僕は1曲だけ、背景としてその場に立っただけで帰りには足が震えていました。
ただし緊張感があるだけじゃなくて、その会場のポジティブなエネルギーがすごかったです。熱気ムンムンなはずなんだけど、爽やかさすら感じさせるポジティブなエネルギー。稲葉さんがMCでよく言っている「今日は会場の皆さんのパワー、たくさんもらいました!」というのはこういうことなのかなと思いました。

B'zの二人について。
松本さんは結構カジュアルに笑顔を見せてくれたり、こっち向いて「ヘイ!」と声かけしてくれたりしました。たまに映像で松本さんがギター弾きながら気合い入れみたいに叫んでいるのが映りますけど、あれは実際に声を出してるんですね。曲中でも目の前から聞こえてきて感動でした。そして僕は完全に松っちゃんと正面で向き合って盛り上がってしまったな…

この距離感ですよ。
(参考画像)
f:id:mojo_nobu:20180812182316p:plain
VoyageツアーのTシャツ着ていてよかった…認知されたな、完全に。

稲葉さんはストイックにステージに集中しているようでした。走ってきて前列の人とタッチしていましたが(僕のところにくる前に手を引っ込めてしまった、残念)松本さんほど気軽な感じではなく、あくまで気持ちは演奏に集中、といった気迫が感じられました。あと細い!華奢で女性のような細さ、セクシーですらある。たしか二番のAメロだったかでちょうど自分の目の前でこちらで背中に向けて歌っていたんですが、僕はもうガン見でした。そしてこの日通常席でライブを見ていた友人によると、僕が稲葉さんを背後からガン見している様子はスクリーンにバッチリ写っていたらしい。

あとどうでも良いことですけど、自分の隣にスタッフの人がいて、幕が落ちるまでは問題が起こらないか目を光らせていたんですが曲が始まると誰よりも笑顔で熱唱していました。最前列で仏頂面移すわけにもいかないしね!お仕事お疲れ様です!笑


夢のような時間はすぐに終わってしまい、曲が終わって暗転したらスタッフの誘導ですぐに階段を降りました。
終わったらまた暗い通路を通って、荷物受け取ってそのまま出口に直行。一瞬で現実。おつかれー!笑
おかげさまで混雑には巻き込まれませんでした。

ビールについて

ビールが美味しい。飲みたくなる。暑いからだろうか?いやいや、昔仕事が大変だった頃、帰りにコンビニで買うのはいつもビールだった。私はビールが好きなのだ。ちなみにウィスキーも好きです。でも今日はビールのことについて学ぼう。

ビールは好きなんですけど、まあビールに限らずですが僕はお酒をこれまで漫然と、何も考えずに飲んできました。何も知ろうとしなかった。なんですけど、この前スーパーで買った「インドの青鬼」がめちゃくちゃ美味しかったので、もっとビールのことを理解したい、楽しみたいと思い至ったわけです。

インドの青鬼の何が美味しかったかというと、「後を引かない苦味、爽やかさ、それでいてしっかりとした濃い味」こんなところでしょうか。 この各要素をインドの青鬼の各属性に結びつけていきましょう。

概要はここからもらいましょうか。

yonasato.com

インドの青鬼は「ヤッホーブルーイング」という長野県の会社が製造しているIPA(インディア・ペールエール)というスタイルのビール、ということで。

まず「エールビール」というのを知っておくべきっぽいな。

yonasato.com

ラガーとエール

日本で流通している99%はラガービールで、「ゴクゴク飲んで喉越しを楽しむビール」。ラガービールとは使う酵母の種類が違うエールビールは、「フルーティーで豊かな香りと深い味わいが特徴。ワインのように香りと味わいを楽しむ。料理に合わせてエールビールを選ぶ楽しみがある」と。ほえー。インドの青鬼はエールビールだけど、ラガービールの飲み方しちゃってました。インドの青鬼については13度くらいのぬる目がいいんだと。

ペールエール、IPA

ペールエール (Pale ale) は、淡い色の大麦麦芽を使用して醸造する。伝統的な例はイギリスのパブの『ビター』(英語: Bitter)である。アルコール度数は 3% から 4% 以上で、最高でバーレーワインの 12% である。ホップの度合いも様々

エール (ビール) - Wikipedia

はえーよくわからんけど大麦麦芽っていうのを使用してるのね。

インディア・ペールエール (IPA) は、当初はイギリスからアジアの植民地に運ぶ間腐敗を防ぐように、ホップを強めて濃い比重で醸造された。しかし、この用語は今日、"session bitter" またはスーパープレミアム・ペールエールを示す。

IPAはホップを大量に入れたペールエールで、歴史的にはイギリスが植民地として狙っていたインドへ派遣した人のために、輸送に耐えうる劣化防止のホップを大量に入れたことに由来しているらしい。けど今では単に「ホップを大量に投入した苦味の強いペールエール」を指してるっぽいですね。

ホップ

ホップ - Wikipedia

ホップ(勿布、学名:Humulus lupulus)はアサ科のつる性多年草

毬花はビールの原料の一つで、苦味、香り、泡に重要であり、また雑菌の繁殖を抑え、ビールの保存性を高める働きがある

植物の名前だったのか…

クラフトビール

ヤッホーブルーイングはクラフトビール製造メーカーということで。クラフトビールについてはアメリカと日本で意味合いが異なるそうで、日本では「1994年の酒税法改正により大資本に対する小規模メーカーが興隆し、それらによるビールを「地ビール」と呼んでいたが、ブームと共に下火になり、再出発として「品質にこだわった小規模生産」の意味を持たせたクラフトビールという呼称を名乗るようになった」云々といった経緯があるらしいけど、そもそも明確な定義はないらしい。

またキリンがヤッホーブルーイングと資本提携をするなど、大資本と対になる概念も薄らいで、今ではだいたい「品質重視というブランディング」くらいの意味でよさそう。


ま、ざっとこんな感じで。あとは街に繰り出してビールを飲もう!