カメラを買おう

いいカメラを買おう、と思ったがそもそもカメラについて何一つ知らないので困った。一つ一つ調べたり、iPhoneをいじったりしてるとだんだんわかってきたのでメモしておこう。自分なりの結論なので万人に向けたものではないです。ツッコミ大歓迎。


結論から書くと、出来上がりを決定するのはレンズ。レンズが全て。

ただしレンズを選ぶ前の選択肢として、当然カメラ本体(ボディ)がある。カメラ本体を選ぶときに見るべきはイメージセンサ(撮像素子)の大きさ。フルサイズかAPS-Cか。他にもセンサーサイズの種類はあるが、よく出てくるこの二つに絞って考える。

撮りたい映像のためにレンズを選択する際、イメージセンサがフルサイズのほうがAPS-Cよりも有利である。有利というのは、取りうる選択肢がフルサイズの方が多いから。特に引きの絵を取るときはAPS-Cよりもずっと有利。ただしフルサイズのセンサが入ったボディは高い。

よく聞く「一眼レフ」や「ミラーレス」という区分は撮れる映像にはあまり関係ない。ミラーレスでもフルサイズのセンサが入っていたり、逆に一眼レフにAPS-Cのセンサが入っていたりする。気にするべきはイメージセンサがフルサイズかAPS-Cか。

撮りたいシーン(明るさ、被写体までの距離、被写体深度)から必要な焦点距離F値を検討し、そこから必要なレンズ、ボディと逆算していく。

こんな感じでアタリはつけたので今度カメラ屋さん行ってきます。