西村ツチカの「北極百貨店のコンシェルジュさん」と「アイスバーン」

を読みました。

まずは「アイスバーン

これは短編集です。これは従来作品からの流れを汲んだものですね。独特な、大胆に省略された絵、バラエティに富んだときに素朴な、ときにグロテスクなお話。

よかったんですけど、短編集は最初の「なかよし団の冒険」が良すぎて、同じ路線となるとどうしても比べてしまいます。今作は、よく言えば慣れた、悪く言えば前に見た手の内。

贅沢なことを言ってるのは承知していますが、最初の衝撃が大きかったのでやはり期待してしまう。

西村ツチカ作品集なかよし団の冒険 (リュウコミックス)

西村ツチカ作品集なかよし団の冒険 (リュウコミックス)


それともう一冊、漫画は雑誌で読まないので新しいものにはとんと疎いのですが、西村ツチカさんは今連載しているんですね。「北極百貨店のコンシェルジュさん」です。

北極百貨店のコンシェルジュさん 1 (ビッグコミックススペシャル)

北極百貨店のコンシェルジュさん 1 (ビッグコミックススペシャル)

こちらは読みやすくてだいぶ甘口です。絵も省略が少なく見やすい。動物がお客さんの北極百貨店で、主人公の新人コンシェルジュ秋乃さんが接客に奮闘する姿を描きます。

もうこの時点で大分わかりやすいというか、読みたくなりませんか?「面白そう」って素直に思いませんでした?僕は思いました。これまでのシニカルな作風から一転、すごくポップです。そして実際中身を読んで「西村ツチカ、勝ちに来たな」と思いました。(なかには「このエピソードどこかで見たな」「オチが強引な気がする」と感じられるところもあって、そういう大胆さも「勝ちに来たな」と思わせる)

でも、ただ優しい登場人物(登場動物)による優しい世界があるだけではなく、時にはクレーマーやアーティスト付きの粗暴なマネージャーも出てきます。温かみのある独特な絵と適度に(時には適度を超えた)緊張感のある作風はこの人ならではですね。