wavesのKramer HLS

f:id:mojo_nobu:20151209010025p:plain

wavesのkramer hls、バンドルに入ってたのを全く使ってなくて、ちょっとマスタリングに行き詰まったので使ってみたらこれが良かった。 そもそもこういう実機モデリングのEQを使うこと自体初めてだった。

こういうプラグインのレビューはネットで調べても「音楽的なEQのかかり具合」みたいな、レビューになってるのかどうか不明なものが多い。だからそういうの避けたいんだけど、じゃあ何て言おうか考えると難しい。何も考えずに書くなら「EQがかかってるのがめっちゃわかりやすい」だろうか。0.1Hzやら0.1dbとかを微調整せずとも「ちまちまやってんじゃねー、この辺をぐいっと行きゃあいいんだよ!」みたいな勢いで誰か(おそらく自分よりはるかに経験豊富であろう人物)が後ろから助けてくれる感じ。というか選択肢が少ないからそうするしかない。これを使うというのはそういうことなんだろう多分。自分で音を作り込むというより、このEQを如何に活かすか、どうやってご機嫌をとるか、という感じになるのかなあと。自分が主体ではなくソフトが主体になるというか。

いろいろネットで調べて得られた知見を以下にメモとして残しておきます。

左側エリアの説明。一番上がプリアンプ。micにかけるかlineにかけるかで違うらしい。つまみでかかり具合。ゲインが上がるわけじゃないが、なんかアナログらしいぼわっとしたニュアンスがあるっぽい。次はハイシェルフ10khz固定で上げるか下げるか。その下の何も書いてないのが、ミドルの効き具合。左下がミドルの周波数帯域選べます。その右のスイッチ、さっき指定したミドルの効き具合が増幅方向(PK)か減衰方向(TR)なのか。んで右下がロウシェルフの効き具合。増幅方向のみ。その左下がベース帯域の周波数指定(上半分)と、50Hzローシェルフの減衰量の指定。どちらかしか使えない。

EQ CUTスイッチはプリアンプのみ使いたいときに使う。その右が位相反転スイッチ。

右側に写って、meterのボタンはinのメーターかoutのメーターか。noiseはオリジナルの音量か少なめに出すか、ANALOGスイッチはハムノイズの電源周波数?よくわかりませんがノイズの種類を切り替えられるのか? TRIMボタンは押したタイミングでoutput量を自動で切り替えてくれます。音が小さいときに押すと音がでかくなったときに割れます。inputは入力音量、outputは出力音量の調整。以上

・参考

http://gakki.me/r/?p=TCON0051

http://masashi365.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

http://rittor-music.jp/sound/productreview/2010/07/1618


以下の曲はKramer HLSの使用前、使用後です。

使用前

creofuga.net

使用後

soundcloud.com

つってもこれは全体的にマスタリング見直してるからあんまりhlsがどうってものでもないけど。わははのは。