読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クーロンズ・ゲート サウンドトラック 復刻版

amazonから受け取った!今年はなぜか唐突にクーロンズ・ゲートがにぎわっています。クーロンズ・ゲートは古いテレビゲームで...詳しい説明はググっていただくとして、とにかく濃いゲームで一部のゲームファンから熱狂的に支持されていました。

もうこんな意味不明、複雑怪奇なゲームは出ない、そうわかっていながらもじわじわと熱がくすぶり続けたクーロンファンが報われる年が今年なのです。

手始めにソニー・ミュージックダイレクトから過去に出たサウンドトラックの復刻版が出ます。というか出ました。6/19が発売日かな。一曲未発表曲があり、Blu-Spec CD2として音質も大幅アップ!だそうです。

クーロンズ・ゲート サウンドトラック

クーロンズ・ゲート サウンドトラック

このサウンドトラックはゲーム中の曲が入っているわけですが、全体のバランスやアルバムとしての完成度を上げるためでしょうか、ゲームに登場する全音楽は入っておらずそこが以前から短所として上げられていました。とはいえ完成度はめちゃ高いけど...

そして今月末、6/29にはクラリスディスクというところからついに全曲入りのサウンドトラックが出るのです!しかも作曲者の「はい島邦明」さんによる「もし2014年にクーロンズ・ゲートが蘇ったら」というテーマの新曲が入っています!コレは楽しみ!

さらにそれに合わせて、6/28にはお台場の「東京カルチャーカルチャー」というところでトーク&ライブイベントが開催されます!どうしたんだいったい?完全に陰界の入り口が開いている。

 

 

とりあえず今日、復刻版を受け取って早速聴いたので軽く感想を。

まず未発表曲について。これはリミックス的な?ゲームのトレーラーがあったらこれが使われるんだろう的な組曲ですね。オープニングで流れる「クーロンズ・ゲート(曲名)」の拡大版みたいなイメージかな。クーロンズゲートの曲はサンプリングと呼ばれる、楽器の演奏以外の録音音源を切り貼りする手法が多く使われていますが、この曲はそのサンプリングをふんだんに使った曲ですね。ところどころに聞き覚えのある音があります。これ、未発表曲ということらしいけど、そもそもなんのために作られた曲なのか気になる。6/28のイベントでその辺り語られるんでしょうか?

 

向上したという音質について。これはどうだろう?まださらっと聴いただけだけど、大きい変化はないかもしれない。音圧が少し上がったかな?あと音質アップによくある「分離が良くなった」かな。大きく印象が変わるものではないですねー。もともと決して音が悪いCDではなかったからね。

これから聞き込んでいきます!

 

 

6/28のイベントは運良くチケット取れたので行ってきますよ!ニコ生でも中継されるみたいですね!楽しみです。