B'z LIVE-GYM-Pleasure-ENDLESS-SUMMER- 【完全版】Disc2の感想

B'zの最新ライブビデオ "Pleasure 2013 Endless Summer"を買いました。blu-ray、完全版っす。取り急ぎDisc2のドキュメント&ライブから見たので、その感想。

このブルーレイ作品は完全版だと2枚組みで、Disc1(通常版、完全版どちらにも共通)は"Endless Summer"と題されたツアーの最終日、日産スタジアムでのライブを収録してます。B'zのパブリックイメージである大会場、巨大ステージが見られるのはこちらです。

Disc2が付いてくるのは完全版のみで、こちらはツアーのドキュメンタリーと福島会場でのライブが収録されてます。福島の会場は数百人?規模のライブで、普段のB'zのライブからするとだいぶ小さい会場ですがファンからは小会場のほうが人気です。それは本人を近くで見られるのと、最近のB'zが小会場でマニアックな曲を演奏する傾向があるからなんですねー。

今回のツアーも同じで、ドームの前に行われたホール規模のツアーではかなりマニアックな曲が演奏されてました。なのでDisc2で小会場のライブ映像が収録されるのはファン大歓喜といった感じですねえ。

ドキュメントはツアー前のリハーサルから最終日のライブ直前までの内容なのでとりあえずDisc2から見ることにしました。ざっと感想を箇条書きで。

  • オープニングはQ&A、最新の曲からですね。特に好きな曲でもないのでふーん、といった感じで見てた。

  • 二曲目にFEAR。いい感じだ、けど前のQ&Aからの流れでチューニングは半音か全音か下がってる。稲葉さんは余裕もって歌えてるけどサラっとしてんなーって印象もある。ラストのアレンジかっこいい。Bメロのギターのアレンジはちょっと微妙かも。

  • ドキュメントで会場入りしてすぐに「イヤー凄い湿度ですね!」と会場の人に挨拶する松本さんが良い笑

  • Lady Navigationめっちゃいいじゃん!なんか今のバンドに合ってる気がする。アレンジも軽すぎず重すぎず、歌い方も当時のニュアンスがあって凄くいい。

  • STAY GREEN。これもいい。レアなだけじゃなくて純粋にかっこいい曲だなーと思う。大会場でもやったらいいのに。

  • 夢見ヶ丘。良い!ただBメロのカッティングを大賀さんがやってることが不満だ。おれはTakのカッティングが聴きたいぞ!歌は安定。ラストのサビは歌、ギターともに圧巻ですねえ。

  • ユートピア。CDではあまり聴いてなかったけど結構いい。ドキュメントの中で稲葉さんが「お客さんと距離を感じる」とバンドに相談している箇所があって後にツアーの演奏曲から外れることになるが、この映像で見る限りはいい感じだけどなあ。実際見ると違うのかな?演奏者の視点でもまた違ってくるか。

  • 恋心。おなじみの曲だけどイントロのギターがツインになってて凝ってる。大賀さんが加入したことでアレンジに幅ができて楽しいところですね。

  • ハピネス。Aメロの伸ばす歌い方に少し違和感あったけどそれ以外はいい感じ。ギターソロは渋い!かっこいい!

  • Survive。コレは最高ですね!このライブで一番印象的だった。独特の空気を持った曲で、ラストに向かって徐々に盛り上がっていく演奏も凄くいい。レアな曲はよく披露される曲に比べてバンドの演奏が微妙なことが珍しくないけどこれは素晴らしい。バンドの完成度が高いということか。

  • GOLD。結構いい。コレもバンドの演奏が凄くいい。ラストの音程ってああなってたのか。

    • これとか、あと日産で演奏された「さよならなんかは言わせない」は去年発売されたELEVENツアーからの影響なのかな。確かELEVENツアーで「さよならなんかは言わせない」が演奏されたのはその前に発売されたLIVE RIPPERのDVDの影響だと思うから・・・運のいい曲だ。
  • Rain。松本ソロ。ブルージーでジャジーで、競演したラリーカールトンの影響とこれまでの松本サウンドがバランス良く融合してて、初めて聞いたけど良い!渋い!今年発売のアルバムとソロツアー、期待できるなこれは。

  • The Wild Wind。これもなかなか良い。自分はB'zははっきりと「全盛期」と言えるものは無いと思ってるけど(そのときごとに違うよさがある)、surviveとかこれとか聞くと、98~99年ごろが楽曲のクオリティは最高潮だったのかもしれない。サビのメロディって「忘れな↑い↓ 忘れないでしょ↑う↓」かと思ってたけど、ここでは「忘れない↑ 忘れないでしょ↑」みたいになってる。CD聞きなおしてみようかな。

  • デッドエンド。C'monツアーでは選曲から外された曲だけど、凄くいいじゃん!なんか知らんけど小会場のほうが合う気がする。

  • パーフェクトライフ。ライブ映えするなあ。これとかデッドエンドとか、レコーディング時のメンバーと同じだからか、最近の曲だからか、違和感が全くなく今のB'zの良さが100%出てるように思う。

  • Native Danceは、2008年に演奏されたときは驚いたけど今回はさほどでもないかな。ただ曲順のおかげか凄く盛り上がるね。あとベースのリフがアレンジされてたりして、バンドが遊んでるのも見てて楽しい。

  • OH!GIRL。特になし!Actionの映像で見たばかりだからあまり懐かしくも感じなかったなあ。演奏は磐石。

  • ギリギリchop。これもいつも通りといった感じだけど演奏、歌ともに余裕があってバンドが凄く楽しそうだ。いいなあ。

  • イチブトゼンブ。これが本編ラストかー意外。歌いだしを皆で歌ったり、いい雰囲気。ただ自分は一番と二番でメロでのギターのバッキングが変化するのが好きだったので、このアレンジは少し残念だ!あとラストの曲としてもいまひとつな感じかも。

  • ALONE。ここからアンコール。アンコールでこの曲は良いですねえ。演奏、歌が余裕っすね。一つのライブ通して生演奏が安定してるのは本当に素晴らしい。危なっかしいのも好きだけど、この余裕、安定が今のB'zの良さだと思います。時たま安定の一つ上に行って熱くなるのがまた良い。このライブだとデッドエンド、パーフェクトライフあたりがそんな感じ。

  • ラストにBAD COMMUNICATION。特に表記はないけどULTRA PLEASUREに入ってる2008年の再録アレンジですね。AメロはまんまLed Zeppelinのこの曲だけど、アレンジや展開など凄くオリジナリティある。

  • 何分あたりか忘れちゃったけどボーナストラックみたいな感じで「月光」がフルで収録されてました。イントロから何から素晴らしい。

  • ドキュメントのワンシーンで、ギターの音について松本、稲葉、増田の3人が喋ってるときに映るメイクの女性二人がかわいい。


まあこんな感じでした。このDisc2ではドキュメントとライブが交互に収録されていて(演奏部分がドキュメントの一部みたいになってる)、それが結構賛否両論みたいです。B'zファンは昔、"Live Ripper"、"Buzz the Movie"、"a Beautiful Reel"といった映像作品で「ライブ部分がドキュメントでぶつ切りにされてきた」という暗い過去を持つのですが(しかも曲の途中でばっさり切ったりする)、ここ10年くらいはドキュメントは別Discに分けられるなどしてたので、ここにきてかつてのトラウマが蘇ってる人もいるみたいです。

今回は福島のライブ映像において曲の途中でカットはないですが、演奏部分だけの再生ができなかったりしてそこが残念な部分です。最初からドキュメント含め通してみましたが、今何曲目なのかわからないので「あ~もうすぐライブが終わってしまうなー」とか、「この曲順熱いな!」とか、そういった楽しみができないのはかなり残念でした。しかし全部通して見たときに、ドキュメンタリーとしては凄く優秀というか、オフショットだけのものよりも鑑賞後の満足感は大きかったです。ラストに映る、気合入れ~ライブのオープニング~メンバー登場までをノーカットで見られるのはとてもいい。ツアーの最終日であること、大舞台に立つことの緊張が伝わってくるようでした。

演奏部分のみの再生機能は欲しかったですが、この編集にはまた別の良さがあるということで。