無力無善寺とはどういう場所なのか

【画像】昨日の「モヤモヤさまぁ~ず2」で、過去最強の放送事故wwwwww : 無題のドキュメント

無力無善寺がモヤさまに出たらしい。

自分は以前、一度だけここでライブさせてもらったことがある。ピアノの弾き語りと、1曲だけギターもやったな、そういえば。でもギターのやつはクサい歌詞だったから、その曲やったのはその時だけだったかな。Bob Dylan風の弾き語りで家族に感謝した歌詞だった気がする笑 プロテストでもなんでもねえな!どっかに録音した音源残ってないなかなあ。聞いてみたいけど、多分出てこないだろうな。


どういう経緯でこの店を知ったか覚えてないけど、確かにここは変な店だ。店長の無善法師は大体この記事の写真の印象の通りだと思う(番組は見てないので実際どう映ってたのか分からんが)。店内は普段はもっと暗い。基本、演奏中は照明落とすからね。そして自分が行った日は変な女が無善法師にカラんでいた。法師は自分が知ってる限り穏やかでいい人なんだが、店内のチラシ(法師自身が書いた案内文みたいなチラシ)によると暴れることがあるらしい。

全出演者の演奏の後は無善法師による演奏があった。毎回やってるのかは知らない。あまり覚えてないが、よく言えば情念がこもった攻撃的、前衛的なギター弾き語りだったが、それが好きでなければ単に退屈で下手な演奏だった。自分はそのとき法師の演奏を楽しめずさっさと帰りたかったが、出演させてもらった都合上、店長である無善法師の演奏途中に帰るという選択はできなかった。

まあ、そういうイビツな店なのだ。だがこの店は重要な場所なのだ。何が重要なのかというと、まず出演費が安いのだ。これは重要だ。ライブハウスの出演料は高い。バンドメンバーで割り勘だろうがソロで出演だろうが(ソロもしくはデュオの場合安くなるお店もある)、大体一回当たり10000円以上かかる。それで出演時間は大体30分といったところだ。この値段をどう思うかについては昔から散々議論されているからここでは無視するが、これに対して無力無善寺の出演費はソロで2000円、バンドだと一人当たり1000円だ。

これは破格に安い。しかし店内は狭く、ステージは無し(客席と同じ高さ)、照明は最小限だ。ちなみに椅子は確か浴室用の椅子だったと思う。女の子は呼べませんね。そしてここでもう一つ大きな特徴があって、それは変な人が出演するのだ。音楽だけじゃなく、一人芝居、ダンサー、小噺・・・などなどだが、そのどれもがアクが強い。猫男爵のように顔を塗ったり、突然叫んだり、そういったのがここではメインストリームだ。

これは非常に大事なのだ。テレビに出て歌ったり踊ったりしてる人たちはもちろんキラキラしていて素敵だ。だが無力無善寺に出演している人たちはそういうことに興味を持てない、自分の中に社会一般とは異なる核を持ってしまった人たちなのだ。そしてそれを確かめるためにどこかで表現しなければならない。そのために無力無善寺はあるのだ。

そういった人たちは基本的に誰かに見せることは重要視していない。まず第一に自分のためにやっているのだ。そんなときに派手な照明や装飾されたステージはあまり大事ではない。裸の自分をさらけ出しているのに演出されても困るのだ。世間一般のライブハウスは若者の夢であり、マスへと続く道の上にある。その場所代や演出代が含まれているような出演費を払いたくない、と考えるのは当然だ。

出演費が安く、内装は人を寄せ付けない。無力無善寺アウトサイダーたちのためにフルチューニングされたライブハウスなんだと思います。

色々書いたけど、別に一般的なライブハウスを腐してるわけではないです。ライブハウスの出演費が高いのは日本の文化全体の結果かなーと思ってます。

 

 

ということで今度の週末はみんなで普通のライブハウスへ行こう!

 

 

アングラなのが好きな人は無力無善寺とか、他にも色々あるけどそういうお店を探してみて、気になったらぜひ行ってみてください。


冒頭の記事から抜粋。

808: ワールド名無しサテライト :2014/01/26(日) 19:39:27.90 id:eTxmAX0B おい掃除してんじゃねーよもっと汚いだろ

なんか笑ったw 常連さんか。